診療時間

腰椎椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 脚が痛いだけでなくしびれて不快感がある
  • 腰とお尻に痛みがある
  • 特に、前屈みになったり、イスに座ると痛い
  • 足のもつれが出て歩きにくい
  • なぜか尿が出にくく、便秘気味に・・・

腰椎椎間板ヘルニアはなぜ起きるのか?|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

身体の中心には、24個の椎骨と呼ばれる骨のブロックが積み重なって構成された”脊椎”があります。いわゆる、背骨ですね。

いくつかのパーツに分けて名前がつけられており、上から頸椎、胸椎、腰椎となっております。椎骨ひとつひとつの間には、”椎間板”と呼ばれるクッション状の組織が挟まっています。

椎間板の中には、ゼリー状の髄核が入っているので、普段、身体が受ける衝撃を緩衝してくれています。ただ、ブロックを積み上げた形となっている背骨は、縦からの衝撃に強い反面、曲げたり捻ったりという横方向からの衝撃には、比較的弱いという特徴があります。

したがって、スポーツなどで胴体を激しく捻ったり、腰を曲げて重いものを持ち上げたり、長時間悪い姿勢を続けていると、椎間板の中にあるゼリー状の組織が、外に飛び出してしまうことがあるのです。そうなると、隣接する神経を圧迫しはじめ、”坐骨神経痛”と呼ばれるしびれや痛みをともなう症状を引き起こします。

背骨のどの部位でも発生する可能性はあるのですが、その中でも、最も負担のかかりやすい”腰椎”で発症することが多いです。

腰椎椎間板ヘルニアは、それ以外にも交通事故や、喫煙によって発症してしまうこともあります。

交通事故による腰痛についてはこちらをご覧ください。

腰椎椎間板ヘルニアが治らない・悪化する理由は?|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の中にある髄核が飛び出すことにより、神経組織を圧迫して痛みなどを発生させます。

痛みが激しい時は安静にして、背骨に負荷をかけないように注意を払いながら、陣痛剤やブロック注射を使って痛みを緩和させることが先決です。ただ、それ以降も炎症が続くと症状も長期化してしまいます。

神経が圧迫されることで、足や身体に力が入りにくくなるので、筋力が低下し、ますます症状を悪化・長期化させてしまいます。

飛び出た髄核が神経を圧迫している限り、延々と痛みやしびれが続くので、症状の状況によっては手術によって解決しなければならない場合もあります。

根本治療をするためには、背骨に負担をかけないように、姿勢を正すトレーニングをすること、正しい身体の使い方を意識すること、適度な運動をすることの3点が重要となります。薬などで痛みを抑えつつ、これら3つの方法で、根本治療と再発予防に努めることが重要です。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法・予防法|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

・コルセットを使用する
腰椎椎間板ヘルニアは腰の動きを過度に出してしまい椎間板が圧迫されることで症状を引き起こします。
コルセットを使用し腰の動きを制限すると共に体幹部に圧をかけて姿勢保持を手助けしてくれます。
※ただし、痛みがない状態でコルセットをつけ続けていると体幹の筋肉が弱くなってしまいコルセットがない状態だと辛くなってしまうため、長期的につけることは注意しましょう。

・安静にする
痛みが強い時は炎症が腰部にあるため冷やしてあげながら安静にし、炎症がおさまるまで待ちましょう。

・腰の動きを避ける
腰の動きは曲げる、反る、捻ると様々ですが、どの動きでも過度に行えば負担になってしまいます。
腰椎椎間板ヘルニアになってからはより一層負担になりやすいので気をつけて動きましょう。
特に捻る動きは腰部の構造上負担がかかりやすいので注意が必要です。

腰椎椎間板ヘルニアのセルフケア

・腹部の筋肉を鍛える
腰椎椎間板ヘルニアになりやすい方は腰部の筋肉ばかり強くなってしまい身体の前側につく腹筋や腹横筋が弱まってしまいます。
天然のコルセットと呼ばれる腹横筋のようなインナーマッスルをトレーニングすることで腰部が安定します。

・姿勢を良くする
腰椎椎間板ヘルニアになりやすい方は姿勢が悪く常に反り腰や猫背、左右のバランスがずれていることがあります。
腰椎に負担をかけないように良い姿勢を保ちましょう。

・ストレッチを行う
腰部の筋肉の緊張が強い場合、反り腰を助長してしまい腰椎椎間板ヘルニアを引き起こしやすくしてしまうので、ストレッチを正しく行い筋緊張を取り除いてあげましょう。
継続的に行うことで腰椎椎間板ヘルニアにならないようにしてくれます。

・マッサージをする
腰部の筋緊張を軽減するためにマッサージする事はとても大切です。
自分ではマッサージできないし、素人に行ってもらうと痛めてしまうこともありますので整骨院などで施術を行うようにしましょう。

当院の腰椎椎間板ヘルニア症状の施術方法とは?|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

まず、痛みを解消することが最優先です。
痛みが続くと、患部周辺の筋肉まで硬くなり、痛みが激化する恐れがあります。
したがって、痛みの出ている患部、そして、患部に負荷をかけている脚や臀部、背骨といった部位にアプローチをかけていきます。
マッサージ、電気療法、鍼灸治療といった施術により、痛みを和らげます。

 

その次は、再発を防ぐために筋肉の柔軟性を取り戻すトレーニングをしていきます。

筋肉の硬直化を放置しておくと、一定の箇所に負荷が集中し、ヘルニアが悪化してしまう恐れがあります。背骨への負担を軽減するためには、普段の姿勢を正常に保つことが重要です。
稲毛・稲毛海岸・検見川浜・幕張・幕張本郷などからも腰椎椎間板ヘルニア治療の患者様も多い千葉市花見川区にある新検見川南花園鍼灸整骨院では、マッサージだけではなくトレーニングをしながら、身体の正しい使い方や、姿勢の矯正を指導いたします。痛みのない身体づくりを一緒に目指していきましょう!

  • 根本改善治療

お問い合わせ

新検見川 南花園鍼灸整骨院

LINE

住所
〒262-0022
千葉県千葉市花見川区南花園2-8-10
レグルス新検見川101
アクセス
【JR 新検見川駅】徒歩4分
【京成線 検見川駅】徒歩5分

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

よくある質問

患者様の声

推薦のお声

首肩・お顔のお悩み

  • スタッフブログ
  • 産後骨盤矯正
  • しんきゅうコンパス
  • 千葉市はり・きゅう・マッサージ施設利用券をご利用いただけます。
  • 3人制プロバスケットボールチームLEOVISTABB.EXE様とトレーナー契約!
  • スタッフ募集中!!