診療時間

胸郭出口症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腕や手がだるく、常にしびれている
  • 腕を上げた時にしびれやだるさが出る
  • 手が冷たいとよく言われる
  • 最近、腕力や握力が低下してきた
  • 手を使う細かい作業ができなくなってきた

胸郭出口症候群はなぜ起きるのか?|新検見川南花園鍼灸整骨院

“胸郭出口”という名称は、あまり聞いたことがないという人が多いと思われます。第1肋骨、鎖骨、前斜角筋・中斜角筋など、胸や首の筋肉で構成されている、胸の上部〜首下部にある部分のことです。

ここには、腕や肩周辺の筋肉に血液を送る鎖骨下骨下動脈、静脈があります。また、それら筋肉の運動と感覚をコントロールする神経が束になった”腕神経叢”が通っています。

通勤中、電車の吊革につかまったり、洗濯物を干す時に腕を上げたり、リュックなどを肩にかけて圧迫すると発症することがあります。

鎖骨、肋骨、斜角筋が鎖骨下動脈・静脈、腕神経叢を圧迫することで、腕にしびれや痛みがでたりといった諸症状を引き起こします。

その圧迫される部位によって、頸助症候群、斜角筋症候群、助鎖症候群、過外転症候群・・・と、分類することができます。これらを総称して”胸郭出口症候群”と呼びます。

胸郭出口症候群の痛みが治らない・悪化する原因は?|新検見川南花園鍼灸整骨院

この症状は、血管や神経が圧迫。絞扼されると発症しやすくなります。その原因としては、姿勢の悪さやスポーツを終えたた後のケア不足などがあります。

筋肉は、運動をしているときだけでなく、デスクワークなどで姿勢を保持するだけでも常に働いています。しかし、その筋肉を日々ケアしている人は多くありません。

よく使う筋肉は硬直して柔軟性がなくなり、あまり使わない筋肉は弱体化して筋量が減少し、姿勢が”正しい姿勢”ではなく”楽な姿勢”をとるようになっていきます。

結果的に、その歪んだ姿勢が動脈や神経を圧迫してしまうので、姿勢を正常化しなければ、一時的に症状が緩和されても再発してしまい、根本治療となりません。再発するだけでなく、徐々に悪化する可能性もあります。

胸郭出口症候群の対処法・セルフケア|新検見川南花園鍼灸整骨院

胸郭出口症候群の対処法

・不良姿勢を取らない
猫背やストレートネックなど姿勢が悪い状態でいると頸部や肩周りの筋肉が緊張し神経を圧迫しやすくなります。
また猫背姿勢でいると鎖骨と肋骨のスペースが狭くなるのでより神経の圧迫をしやすくします。
頭から天井に引っ張られているように、頭や背筋がまっすぐになり重心が一直線になるように姿勢を整え保つようにしましょう。

・生活習慣の改善
睡眠不足やストレスも関連しやすいので規則正しい生活を送るようにしましょう。睡眠不足は疲労の代謝をわるくし、ストレスは痛みを感じやすくさせます。出来るだけリフレッシュする時間をつくりゆっくりと深い睡眠をとれるように心掛けましょう。

・重たいものは反対の手で持つ
重たい荷物などを症状のある方の手で持つと重さにより肩が下がります。そうすると神経の通り道が狭まり痺れや痛みを強くしてしまうので気をつけましょう。反対の手を使い負担や圧迫が強まらないようにしましょう。

胸郭出口のセルフケア

・ストレッチ
筋肉の柔軟性がなくなると筋肉が疲労しやすくなり神経の通り道を狭めるようになります。
胸郭出口症候群の予防としては頸、肩、鎖骨周りをストレッチすることが必要です。

・マッサージ
疲労を溜めてしまうと良くないのでマッサージをして溜め込まないようにしましょう。
ストレッチと同様に、頸や肩周り、鎖骨周りをマッサージするようにすると効果的です。

・良い姿勢を保つ
猫背姿勢や左右どちらかに傾くような姿勢は肩周りや首周り、鎖骨周りの筋緊張を上げてしまい神経の通り道を狭くしてしまいます。
顎をひき、胸をはりお腹を少し凹ませるように姿勢を作り左右どうちらかに傾かないようにしましょう。

・疲労を溜めない
疲労を溜め込んでしまうと身体はストレスとして察知し、痛みや痺れを感じやすくさせます。
十分な睡眠や食事、規則正しい生活を心掛け疲労からくるストレスを溜め込まないようにしましょう。

当院の胸郭出口症候群の施術方法とは?|新検見川南花園鍼灸整骨院

新検見川南花園鍼灸整骨院では、胸郭出口症候群を治療するにあたって、問診と検査により、どの部位が圧迫されているのかをしっかり調べます。

それに加え、身体全体の筋肉のバランス、骨盤・骨格の歪み、身体の使い方といった点を調べ、症状の根源を追究します。

それらの結果を総合的に踏まえて、筋肉をマッサージして血管や神経を圧迫から解放したり、鍼治療や電気療法で柔軟性を高めるといった治療を施していきます。

また、運動不足などで弱体化している筋肉に対しては、エクササイズの方法をお伝えしたり、院内でパーソナルトレーニングを行って改善に導きます。

胸郭出口症候群を治すためには、姿勢の正常化が必須です。患者様一人一人に合った施術メニューを提案させていただきます。

腕や手の違和感でお悩みの方は、当院に一度ご来院ください!

  • 根本改善治療

お問い合わせ

新検見川 南花園鍼灸整骨院

LINE

住所
〒262-0022
千葉県千葉市花見川区南花園2-8-10
レグルス新検見川101
アクセス
【JR 新検見川駅】徒歩4分
【京成線 検見川駅】徒歩5分

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

よくある質問

患者様の声

推薦のお声

  • スタッフブログ
  • 産後骨盤矯正
  • しんきゅうコンパス
  • 千葉市はり・きゅう・マッサージ施設利用券をご利用いただけます。
  • 3人制プロバスケットボールチームLEOVISTABB.EXE様とトレーナー契約!