診療時間

バネ指

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 指の曲げ伸ばしが滑らかにできず、引っ掛かりがある
  • 曲がった指を戻そうと力を入れると、「カクン」と跳ねる
  • 指が曲がったままの状態で戻らない
  • 指が腫れる
  • 特に朝方は指がこわばり動かしにくい

なぜ「バネ指」は起きる?|新検見川南花園鍼灸整骨院

手の指を曲げる屈筋腱は、腱鞘(けんしょう)の中を通っています。この腱と腱鞘が酷使されることによって、炎症が起きて痛み・腫れ・熱感がある状態がいわゆる「腱鞘炎」です。

これが進行して慢性化すると、今度は腱が変性したまま膨らんで、腱の癒着に繋がります。

すると、腱が腱鞘のトンネル内をスムーズに通れず、引っ掛かるために、曲がった状態で伸びにくかったり、指を戻そうと力を入れると、腱の引っ掛かりが外れ「カクン」と跳ねるように伸びるという現象が起き、これを「バネ指(弾発指)」といいます。

酷使以外にも、妊娠や閉経時のホルモンバランス変化、それに関節リウマチや糖尿病といった持病からも発展するケースも見られます。

バネ指が「治らない(悪化する)」理由とは|新検見川南花園鍼灸整骨院

手・指を日頃から酷使している方は、腱と腱鞘に大きな負荷がかかっているので、炎症が起こりやすいのです。それに、ケガのように原因がはっきりしないため、痛みが少しづつ強くなって、気付けば悪化して慢性化してしまうのです。

それに、指が引っ掛かるだけで痛みが出ないケースもあります。

そこで痛みがないからと放置していると、関節が固まって指が伸び切らなくなり、「ロッキング」といった指がひっかかった状態になります。

そうなると、徐々に関節自体が固まり、拘縮が進行してしまいます。

さらに、拘縮が進めばたとえ治癒をしてバネ指が治っても、その後の生活で指が動かしづらい症状が残る場合もあります。普段の生活では、手を一切使わずに過ごすことはほぼ不可能で、それだけ症状が慢性化やすい部位と言えます。なので早期のケアを強くお勧め致します。

当院の「バネ指施術方法」|新検見川南花園鍼灸整骨院

患部への注射、湿布だけではぶり返しやすい状態に変わりはありません。

そこで、新検見川南花園鍼灸整骨院ではハイボルテージ(電気)機器超音波機器、さらに鍼灸を用いた処置に加え、外からも症状改善のアプローチをさせて頂きます。

指の曲げ伸ばしをする、肘から手にかけて走っている筋肉や、腱が正常に働くことで指の曲げ伸ばしが可能です。なので、腕の筋肉の緊張を取ることで本来の動きが可能になり、症状改善へと繋がっていきます。

それに、悪い姿勢や肩甲骨が元の位置からずれると、それだけ肩関節が動かしにくくなります。

そういった要因も肘・指先だけで動かそうとするようになって負担が増してしまいます。

悪い姿勢の原因は身体の土台でもある骨盤周辺であることが多く、その土台を整えることが根本改善には何よりも重要です。

普段の生活では手を使わずには過ごすことはできませんよね。安静ができないから症状がぶり返しやすいのがバネ指の特徴です。

当院ではそういった症状緩和や再発予防、ひいては根本改善のための身体づくりを手厚くサポートさせて頂きます。

  • 根本改善治療

お問い合わせ

新検見川 南花園鍼灸整骨院

LINE

住所
〒262-0022
千葉県千葉市花見川区南花園2-8-10
レグルス新検見川101
アクセス
【JR 新検見川駅】徒歩4分
【京成線 検見川駅】徒歩5分

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

よくある質問

患者様の声

推薦のお声

  • スタッフブログ
  • 産後骨盤矯正
  • しんきゅうコンパス
  • 千葉市はり・きゅう・マッサージ施設利用券をご利用いただけます。
  • 3人制プロバスケットボールチームLEOVISTABB.EXE様とトレーナー契約!