診療時間

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 身体を後ろに反らすと、腰が痛む
  • ウォーキング中、脚がしびれることがある
  • しゃがんだり、前屈みになるとしびれがなくなる
  • 朝、布団から起き上がる時腰が痛くて辛い
  • お尻や脚のしびれ、筋力低下やだるさといった不調がある

脊柱管狭窄症の症状はなぜ起きるのか?|新検見川南花園鍼灸整骨院

脊柱管狭窄症は、脊髄という神経が通るトンネルのような部位”脊柱管”が狭まることにより、腰痛や脚のしびれといった症状があらわれます。

先天的に、脊柱管の形に異常がある場合や、加齢、働き過ぎによる損傷、姿勢不良による椎間板の減少、靭帯の肥厚化によって脊柱のバランスが崩れる・・・といった、後天的な原因によって引き起こされることもあります。

発症しても、ほとんどの場合軽い腰痛だけという場合が多く、下肢のしびれ、痛み、冷え、知覚異常といった症状が出ることもあります。

圧迫されている部位によっては、症状が重くなることもあります。

神経の束である”馬尾神経”が絞扼(こうやく:組織や血管などが圧迫される状態)されると、痺れだけでなく灼熱感を感じるようになったり、筋力の低下、残尿感といった症状もあらわれます。

本症状と類似したものに、椎間板ヘルニアがあります。しかし、こちらは、前屈みになることで痛みが出るのに対し、脊柱管狭窄症は、身体を後ろに反らすと痛みが出るといった特徴があります。後ろに反らすことで、脊柱管が圧迫されるためです。

脊柱管狭窄症が治らない・悪化する理由とは?|新検見川南花園鍼灸整骨院

一般的な医療機関で治療を受けた場合、コルセットを装着して腰が反らないようにする、薬や注射によって神経にアプローチして痛みを緩和するといった方法が採られます。重症の場合は、手術を受けることになるでしょう。

このような治療は、一時的な痛みを解消でき、ひとまず発症を抑えることができます。

しかし、脊柱管狭窄症がなぜ発症したのかという、根本的なところを改善しない限り、症状が再発したり、むしろ悪化してしまう可能性があります。

“姿勢不良改善”を行うことが最重要です。腰骨を維持するため、その周辺の筋肉の柔軟性、筋量を維持しておく必要があります。

また、身体の使い方を把握し、姿勢を正しくキープできる身体づくりをすることが、本症状の悪化と再発を防ぐ鍵となります。

当院の脊柱管狭窄症の施術方法とは?|新検見川南花園鍼灸整骨院

新検見川南花園鍼灸整骨院では、まずヒアリングと検査を行い、痛みが出るタイミング、動作といったポイントを調べます。

それに加え、骨盤の歪み、筋肉の柔軟性やバランス、身体のクセなどをチェックします。今、痛みが出ている箇所だけでなく、患者様の身体をトータルで検査して、脊柱管狭窄症を発症させた根源を特定します。

脊柱管狭窄症は、腰を反らす際に働く筋肉が硬直しているケースが多く見られます。

そういった場合、マッサージ、ストレッチ、鍼灸治療、電気療法といった施術を組み合わせて、筋肉の状態を正常に戻して治療に導きます。

反対の働きをする筋肉に対しては、自宅でのセルフケアをお伝えして、トレーニングを続けていただきます。また、花見川区にある新検見川南花園鍼灸整骨院内で行っているパーソナルトレーニングで筋力を向上させ、姿勢を正常に保つことができるようサポートいたします。花見川区にある新検見川南花園鍼灸整骨院では、患者様それぞれに最適となる施術メニューを、オーダーメイドで提案いたします。

  • 根本改善治療

お問い合わせ

新検見川 南花園鍼灸整骨院

LINE

住所
〒262-0022
千葉県千葉市花見川区南花園2-8-10
レグルス新検見川101
アクセス
【JR 新検見川駅】徒歩4分
【京成線 検見川駅】徒歩5分

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

よくある質問

患者様の声

推薦のお声

  • スタッフブログ
  • 産後骨盤矯正
  • しんきゅうコンパス
  • 千葉市はり・きゅう・マッサージ施設利用券をご利用いただけます。
  • 3人制プロバスケットボールチームLEOVISTABB.EXE様とトレーナー契約!