診療時間

肉離れ

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ストレッチしようとすると、痛みが強くてできない
  • 以前痛めた筋肉に違和感が残っている
  • 肉離れがクセづいている
  • スポーツ復帰できるか不安・・・
  • 肉離れの再発を防ぎたい

肉離れはなぜ起きるのか?|新検見川南花園鍼灸整骨院

肉離れとは、スポーツなどで筋肉に強い負荷がかかった際に、部分的、あるいは完全に断裂してしまう症状です。

筋肉には、関節が可動範囲を超えて伸びたり曲がったりしないように保持する働きがあります。そこに、スポーツなどで過剰に体重をかけてしまったり、事故で衝撃を受けたりすると肉離れを起こします。

太腿や、ふくらはぎで発症しやすく、損傷が激しい肉離れの場合、”ブチっ”という音とともに筋肉が断裂することがあります。

その場合、筋肉に明らかな凹みができるので、触るだけでも肉離れだと確認することができます。

症状としては、腫れや発熱、内出血などが起こることが多いです。そして、痛めた場所を押した時に感じる”圧痛”と、伸ばした時に感じる”ストレッチ痛”が現れます。いつも通り歩くだけでも筋肉を使うので、痛みが発生します。

肉離れの痛みが治らない・悪化する理由は?|新検見川南花園鍼灸整骨院

肉離れを起こす原因の多くは”筋肉が硬くなってしまっていること”にあります。運動前のウォーミングアップをしていなかったり、運動不足で筋肉の柔軟性が低下していたり、筋肉の疲労がたまっていると硬くなります。

収縮している筋肉は緊張状態なので、疲労が抜けにくく、蓄積してしまいます。そこで、ストレッチをしたところで、硬くなった筋肉はなかなか柔軟にはなりません。したがってウォーミングアップをしても十分な効果を得られず負の連鎖が続き、肉離れを引き起こしやすくなってしまうのです。

また、テニスなど身体の左右で筋力に大きな差が出るスポーツを行っている人や、ケガが治ってすぐに激しい運動をすると肉離れを起こしやすいです。

肉離れを起こして以降、ずっとアイシング(患部を冷やす)をして、筋肉を冷やし続けている方がいます。

しかし、筋肉の炎症の続く期間は約3日と言われています。いつまでも筋肉を冷やしていると、硬直化が進むので、ますます肉離れが治りにくくなってしまいます。

肉離れの対処法・セルフケア|新検見川南花園鍼灸整骨院

肉離れの対処法

・安静にする(Rest)
肉離れを起こした際に無理に運動しようとすると軽症だったものが重症化する恐れがあります。重症化した場合は手術の適応となり運動への長期離脱になる可能性が高いので注意しましょう。

・冷やす(Icing)
内出血や熱感などの炎症反応を減らし痛みを軽減するために行います。怪我した直後は特に炎症反応が強いためできるだけ早く行いましょう。

・圧迫、固定する(Compression)
肉離れになった時は痛みの出た部分を動かさないように包帯やサポーターで圧迫固定を行います。痛みが出てからの運動やストレッチは基本的に症状を悪化させてしまうので行わないようにしましょう。

・患部を心臓より高くする(Elevation)
患部を心臓の位置より高い位置に置き、滲出物などの代謝を促し炎症を抑えます。逆に心臓より低い位置に患部があると血流が集まり、内出血や腫れなどの炎症症状が悪化し、予後が悪くなってしまいます。

※上記、症状への対処方法の頭文字をとり「RICE処置」と呼ばれます。

肉離れのセルフケア

・ストレッチをする
肉離れを起こす要因として筋肉の柔軟性の低下があります。柔軟性低下により肉離れを起こさないようにストレッチを行いましょう。特に大腿四頭筋やハムストリング、下腿三頭筋は肉離れを起こしやすい部分なので入念にするようにしましょう。

・ウォーミングアップをする
ウォーミングアップを怠ると筋肉の準備ができていない状態なので怪我をするリスクが上がります。入念にウォーミングアップをすることで筋肉が温まり柔軟性や関節の可動域が広がり筋肉のパフォーマンスを最大限に引き出せるようになります。

・疲労を溜め込みすぎない
筋肉の柔軟性不足、ウォーミングアップ不足とともに気をつけたいのは疲労の蓄積です。疲労が溜まりすぎると身体は動きづらくなります。日頃の運動により蓄積された疲労を抜いてあげるか、疲労をかけすぎないように運動量を調節するようにしましょう。

当院の肉離れの施術方法とは?|新検見川南花園鍼灸整骨院

新検見川南花園鍼灸整骨院では、急性の肉離れに対して、まずはアイシングと電気治療などを施し、早期治療を行います。

肉離れの原因となる、慢性的な筋肉の硬直に対しては、手技や電気療法を用いて、筋肉の緊張を緩和させます。一回肉離れを起こした筋肉は、再発する可能性が高いので、まずはその患部を重点的に治療していきます。

痛みが解消されてきたら、姿勢や関節、筋肉バランスといった、身体全体の調整を行い、肉離れが起こりにくい身体づくりを目指します。患者様、一人一人に合った”根本治療”を提案いたします。

当院では、スポーツなどで正しく身体を支えるようにするための、”運動療法”も実施しております。

とりあえずは、目の前の痛みを解消し、関節の正常な動きを取り戻したら、身体の使い方を正していきましょう。患者様に合った、負担のかからないフォームを見つけ出し、以後の再発を予防します。

また、自宅で続けることのできる”セルフケア”も重要です。患者様自身が、肉離れを自衛する意識を持って、ケガのない身体を維持していただければと思います。

繰り返す肉離れでお悩みの方は、ぜひ一度、当院まで!

  • 根本改善治療

お問い合わせ

新検見川 南花園鍼灸整骨院

LINE

住所
〒262-0022
千葉県千葉市花見川区南花園2-8-10
レグルス新検見川101
アクセス
【JR 新検見川駅】徒歩4分
【京成線 検見川駅】徒歩5分

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

よくある質問

患者様の声

推薦のお声

  • スタッフブログ
  • 産後骨盤矯正
  • しんきゅうコンパス
  • 千葉市はり・きゅう・マッサージ施設利用券をご利用いただけます。
  • 3人制プロバスケットボールチームLEOVISTABB.EXE様とトレーナー契約!