診療時間

手首の痛み

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 野球やテニスなどの運動時に手首をひねってしまった
  • 子どもを抱っこしていると手首が痛い
  • 転んだ拍子に手をついて、その後から手首が痛い
  • スマートフォンを使っていると手首が痛い
  • 長時間タイピングをしている、楽器を演奏する、縫い物をするなど、仕事や趣味で手を使う機会が多く、痛みが出てきた

手首の痛み(腱鞘炎・TFCC損傷)はなぜ起きるのか?|新検見川南花園鍼灸整骨院

関節の曲げ伸ばしは、筋肉の力を「腱」が関節に伝えることで成り立っています。

腱は腱鞘という管の中を通っています。

腱鞘炎は、手を使い過ぎることで腱と腱鞘とが摩擦を起こし、熱感・腫れ・痛みを引き起こしている状態です。

手首の親指側に起きる、指を曲げ伸ばしする腱の炎症のことを、ド・ケルバン病と呼びます。

腱鞘炎の代表的なものです。

反対に、手首の小指側の付け根が痛むときには、腱鞘炎と、三角繊維軟骨複合体(TFCC)損傷の2つの可能性があります。

TFCCは手首の小指側にあり、衝撃を吸収するクッションの役目を果たしています。

手首を小指側に曲げたときや、ドアノブを回すときに痛みを感じたら、TFCC損傷になっているかも知れません。

手首をひねったり、転んだ拍子に手をついて手首を傷めたり、仕事や運動などで頻繁に手首に過度な負荷をかけることでTFCCを傷つけることもあります。

また、加齢による変性で痛みを生じる場合もあります。

手首の痛み(腱鞘炎・TFCC損傷)が治らない・悪化する理由は?|新検見川南花園鍼灸整骨院

ド・ケルバン病は、以前は更年期・妊娠中・産後などのホルモンバランスが大きく変化する時期や、手をよく使う運動や楽器の奏者などに多く見られました。

しかし、最近では、頻繁なキーボードのタイピングやマウス操作、スマートフォンの操作によって若者に発症するケースが増加しています。

腱鞘炎は、手の使いすぎによって起こることが多いですから、捻挫や打撲のようにハッキリと怪我をしたような場合とは違って、どこからが病気かが曖昧です。

知らず知らずのうちに手を酷使し、炎症が強くなって症状が進行してしまいます。

手首は、日常生活でよく使う部分ですから、安静にすることが難しいですよね。

このため炎症を何度も繰り返しやすいです。

さらには、加齢によって腱や腱鞘は硬くなりますから、血液循環も悪くなり、炎症の治りも遅くなります。

よく見られる疾患だからといって、「たかが腱鞘炎」と甘く考えてはいけません。

進行すると手術することになりますから、痛みを我慢しないで、早め早めに適切な処置をすることが大切です。

手首の痛み(腱鞘炎・TFCC損傷)の対処法・セルフケア|新検見川南花園鍼灸整骨院

手首の痛みの対処法

・安静にする
使いすぎにより痛む場合とぶつけたり捻った時も基本的には患部を安静にします。
安静にできない場合、痛みを助長してしまう事や、炎症を悪化させ腫れを強めることになってしまいます。できるだけ安静にし、患部を休めてあげましょう。

・痛む手首と反対の手を使う
痛む部分を使わないために反対の手を使うようにします。先ほどもあったようにできるだけ安静にしていきましょう。

・アイシング
痛み始めは使いすぎやぶつけたことにより炎症反応が起きています。冷やすことで炎症を抑え痛みの抑制にもなるのでアイシングをおこないましょう。

手首の痛みのセルフケア

・ストレッチをする
ストレッチを日頃からすることで柔軟性を保ち腱鞘炎などにならないようにしましょう。
基本的には指先から前腕までの筋肉を伸ばすようにしておくことで予防ができます。

・マッサージをする
手先をよく使うお仕事や運動だと手のひらや母指球、前腕部分の筋肉が緊張し硬さが出てきます。
反対の手で押すと疲れやすいので肘などで押すと効果的です。

当院の手首症状の施術方法とは?|新検見川南花園鍼灸整骨院

腱鞘炎やTFCC損傷に対しての、新検見川南花園鍼灸整骨院での治療の詳細をお話しします。

まず、痛みや炎症が強い急性期には、患部を冷やしたり、マイクロカレントハイボルテージなどの電気療法や超音波治療を行ったりします。

手首の曲げ伸ばしは、腕の筋肉があるおかげでできています。

肘から手にかけて伸びている筋肉や腱が伸び縮みすることによって、手首を曲げ伸ばしすることが可能になるのです。

ですから、患部の手首の処置以外にも、腕の筋肉のコリをほぐし、筋肉が本来の機能を果たせるようにする必要があるのです。

生活していく上で、手を使わないのはとても難しいです。

スマートフォンが一般化して、従来よりも手の負担は増しています。

安静にできないことで、手首の腱鞘炎やTFCC損傷の痛みは再発しやすいのです。

当院では、手首の痛みを繰り返さない根本的な治療をするべく、全身にアプローチしていきます。

姿勢が悪いことで、手首にも負荷がかかりやすくなります。

どういうことかというと、姿勢が悪い→肩甲骨の位置がずれる→肩関節が動かしにくい→手首の負担が増す、という図式です。

このため、新検見川南花園鍼灸整骨院では、姿勢の悪さの大元を探り、原因となる筋肉を調整していきます。

関節や筋肉が硬くなっていればコリをほぐし、おとろえた筋肉はトレーニングによって鍛え、患部の治療だけでなく、症状を繰り返さない根本的な解決を目標に施術していきます。

手首の痛みでお困りの方は、ぜひ一度、新検見川南花園鍼灸整骨院での施術をお試しになってみませんか?

  • 根本改善治療

お問い合わせ

新検見川 南花園鍼灸整骨院

LINE

住所
〒262-0022
千葉県千葉市花見川区南花園2-8-10
レグルス新検見川101
アクセス
【JR 新検見川駅】徒歩4分
【京成線 検見川駅】徒歩5分

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

よくある質問

患者様の声

推薦のお声

首肩・お顔のお悩み

  • スタッフブログ
  • 産後骨盤矯正
  • しんきゅうコンパス
  • 千葉市はり・きゅう・マッサージ施設利用券をご利用いただけます。
  • 3人制プロバスケットボールチームLEOVISTABB.EXE様とトレーナー契約!
  • スタッフ募集中!!