診療時間

五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 頭上のものを取ろうと手を伸ばしたが、肩が痛くて取れない
  • 洗髪時に肩が痛む
  • 以前は背中で手が組めたが、近頃手が組めない
  • 洋服を着るときに手が上がらず痛む
  • 肩が痛くて睡眠不足だ

五十肩はなぜ起きるのか?|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

五十肩は、日常生活のふとした拍子に、激しく痛んだりしびれたりして発症します。

どんなときに発症するか、どんな症状が出るかは個人差がありますが、四十代後半~五十代に罹る人が多いので、四十肩や五十肩と呼ばれます。

年齢を重ねることで、肩の関節を包んでいる関節包や靱帯、筋肉などが硬くなります。

これらは肩の周辺の組織の老化と、猫背や長時間おなじ姿勢でデスクワークすることなどが原因で、肩周辺がこわばってスムーズに動かなくなり、ダメージを受けやすくなります。

肩の周辺組織が硬くなった状態で肩を動かすと、組織が傷つき炎症を起こして、四十肩・五十肩を引き起こすのです。

必ずしも利き腕の肩が痛くなるわけではなく、片方の肩が五十肩になることが多いですが、稀に左右同時に起こることがあります。

しかし、片方の肩が発症した後に、もう片方の肩も痛み出すことは多く、結局は両肩が辛い状態になるケースがよくあります。

五十肩の痛みが治らない・悪化する理由は?|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

五十肩で上手く肩を動かせない状態が続いたり、猫背や長時間のデスクワークでおなじ姿勢を続けたりすると、肩周辺の組織の血行が悪くなります。

血行不良になると、肩関節が硬くなるだけでなく、酸素や栄養分が充分に行きわたらなくなるので、症状が治りにくくなってしまいます。

それから、痛みが治まってくると、無理矢理に肩を動かしてしまう人がいらっしゃいますが、痛みを感じている状態は、肩関節を傷つけている状態です。

こうして、痛みを押して動かした結果、炎症を起こして五十肩がぶり返すのです。

肩関節に炎症を起こすことを繰り返していると、関節包・靱帯・筋肉・筋膜が癒着し、痛みが治まっても可動域が狭くなってしまうのです。

五十肩・四十肩の対処法・予防法|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

・無理に動かさない

四十肩や五十肩は腕が動かず上がらなくなった状態です。痛み始めは炎症が強く出ている状態です。無理に動かそうとすると炎症が強まり悪化する恐れがあるので安静にしましょう。

・楽な体勢をとる

痛みのせいで寝れない場合は、寝ている姿勢に問題があります。
痛む肩の下や腕と脇腹の間などにクッションなどを入れて、四十肩や五十肩が痛まないポジションを作ります。寝ている間に寝返りなどで肩の位置が再度悪くなると痛み出すので注意しましょう。

・痛みのある部分を冷やす(アイシング)

炎症が出ている部分は熱感が強く出ることがあります。その場合は氷枕などを患部に20分程度当てて冷やします。冷やすことで炎症反応を抑えて痛みを軽減させていきます。

※冷湿布は炎症を引かせる効果がありますが、冷やす効果はありません。

・痛み止めを使う

夜間痛が強く寝ることがなかなかできないため場合は痛み止めを服用しましょう。
睡眠がとれず寝不足になると疲れが抜けにくくなるため、痛みを長引かせてしまう原因となります。
痛みが出た原因が無くならないと、症状が改善されることがないため早めに治療を受け通常の(痛みがない)状態にしましょう。

【五十肩・四十肩のセルフケア】千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

・肩甲骨の動きをよくする

肩甲骨周囲には筋肉が沢山付着しているため動かすことをしなくなると腕が上がらなくなったり(五十肩)肩こりを助長してしまう原因となります。
鏡を確認しながら左右の肩が均等に動けるか確認しましょう。
特に肩甲骨を内側に寄せるのと下に動かせるか確認しましょう。

・肩や胸、腕のストレッチを行う

定期的にストレッチを行い、筋肉が緊張し動かせる範囲が狭くなる事を防ぎましょう。
肩はもちろんですが、胸や腕の筋肉も肩の動きを正常に行うには欠かせない部分なのでしっかりとストレッチをしましょう。
四十肩や五十肩は「気が付いたら腕が挙がらなくなった」と、利き手と反対側で起こることも多いです。
使わな過ぎても起こる症状なので日頃から意識して大きく動かすように心掛けましょう!

・首や肩に負担がたまらない姿勢をとる

首や肩に負担をかけてしまう体勢とは身体を横から見た時に首が前方に出てしまっている(ストレートネックと言う)姿勢となっています。
この状態だと良い姿勢をとろうと胸をはっても維持するのが難しく余計に辛くなってしまうので注意しましょう。
顎をしっかりと引き胸を張って腕は身体の真横にある状態を意識しましょう。

当院の五十肩の施術方法とは?|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

四十肩・五十肩で来院された患者さんの場合、痛みをいち早く取り除くことが先決です。

幕張や稲毛からも近い千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院では、痛みが強く出ている時期はなるべく安静にして、腕を上げたりものを持ったりしないようにアドバイスします。

そして、や電気療法で痛みを取り除き、肩周辺の可動域が狭くなることを防ぎます。

その後、肩関節がもともと持っているはたらきを取り戻す施術をしていきます。

関節モビライゼーションやストレッチによって、硬直した関節包や靱帯にアプローチし、鍼や手技によってトリガーポイントリリースを行い、筋肉のコリをほぐします。

これらの施術をきちんと行うことで、肩関節が本来のはたらきを取り戻し、可動域が広がってスムーズに動かせるようになります。

そして、施術で可動域を広げた後に運動療法を行っていくことで、施術の効果を最大限に引き出すことができるのです。

自分で肩を動かし、弱った筋肉を鍛え、もともと持っている力を発揮できるようになったとき、五十肩の根本的な解決になります。

四十肩・五十肩でお悩みの方、年のせいだとあきらめずに、なるべく早く当院にご相談ください。
千葉市花見川区にある新検見川南花園鍼灸整骨院には、幕張・幕張本郷・検見川浜・稲毛・稲毛海岸などからも多くの患者様が四十肩や五十肩の症状で来院されています。
当院の患者様に合わせたオーダーメイド治療でつらい肩の痛みを改善していきます!

  • 根本改善治療

お問い合わせ

新検見川 南花園鍼灸整骨院

LINE

住所
〒262-0022
千葉県千葉市花見川区南花園2-8-10
レグルス新検見川101
アクセス
【JR 新検見川駅】徒歩4分
【京成線 検見川駅】徒歩5分

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

よくある質問

患者様の声

推薦のお声

首肩・お顔のお悩み

  • スタッフブログ
  • 産後骨盤矯正
  • しんきゅうコンパス
  • 千葉市はり・きゅう・マッサージ施設利用券をご利用いただけます。
  • 3人制プロバスケットボールチームLEOVISTABB.EXE様とトレーナー契約!
  • スタッフ募集中!!