診療時間

外反母趾

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 親指の付け根が痛くなり、長時間歩くことが難しい
  • 外反母趾サポーターやインソールを使っても、症状がよくならない
  • 近頃、変形がひどくなってきた
  • 外反母趾の痛みを我慢していて、治らないとあきらめている
  • 外反母趾の手術をするのはイヤだが、痛みはやわらげたい

外反母趾の症状はなぜ起きるのか?|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

外反母趾は、実は足の機能の低下が原因です。

足の機能は、主に筋肉の強さとしなやかさから成り立っています。

では、足の機能が低下する要因はなんでしょうか?

以下の3つに分けることができます。

1.日常生活上の問題:靴の問題は大変重要です。

デザイン性を重視したパンプスやヒールを日常的に履いている人は、足元が不安定になりやすく、長時間履き続けることで親指の変形がひどくなっていきます。

2.筋力の衰え:加齢による筋力の衰えも外反母趾の要因のひとつです。

足の筋力が落ちると扁平足になるのですが、これも外反母趾を引き起こします。

さらに、筋力が落ちると、足で踏ん張ることができなくなるので転びやすいという難点も出てきます。

3.遺伝的なもの:外反母趾自体が遺伝するわけではなく、骨格的に足の形が似ることで、外反母趾のなりやすさが遺伝するということです。

外反母趾の痛みが治らない・悪化する理由は?|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

外反母趾をそのまま放置すると、症状が悪化します。

足は全身の体重を受け止める部分ですので、外反母趾に限らず、足の疾患は治りにくく進行しやすいのです。

外反母趾の方で、自己判断で「筋力が落ちたのならもっと歩けばよい」と思い、たくさん歩いて痛みがひどくなるケースがよくあります。

これは、足の機能が低下したままの状態では、正しいフォームで足を使っていないので、より痛ませてしまうことになるのです。

自分ではどうにもならない状態にまで進行してから、やっと来院される方が多い印象があります。

外反母趾の対処法・予防法|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

・足の親指と人差し指の間にクッションやタオル等を入れる
一時的な処置として行ってください。
親指と人差し指の間が狭くなるほど関節や靭帯にストレスを与え炎症反応が出てきてしまいますので間が狭くならないように注意しましょう。

・痛みのある部分を冷やす
痛みがある部分は炎症反応が強いため、アイシングを行い炎症を抑えましょう。
痛みがなくても親指にほてる感じや熱感がある場合は炎症反応が現れてきていますので痛みに変わらないうちに冷やして痛みなるのを防ぎましょう。

・テーピングをする
テーピングで足の親指を固定し人差し指との間が狭くなるのを防ぎましょう。
防ぐことで炎症反応が再度出てしまうのを予防できます。

・足先が狭くなる靴を履かない
足先が狭くなるような靴は外反母趾を助長します。
また外反母趾になってからも足先が狭い靴を履くと親指の付け根を圧迫し親指を変形させてしまうので気をつけましょう。

外反母趾のセルフケア|花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

・指先を良く動かす
外反母趾になりやすい方は浮指や指先がひらかない事が多いです。
足の指の関節を動かせるようにするために手で誘導しながら動かす練習をしましょう。
足の指先をグーパーしたり、タオルを下に敷き指先で手繰り寄せるような練習をしましょう。

・ストレッチする
外反母趾になりやすい方は足の裏や甲のあたりに通っている筋肉や腱が動きにくくなっていますので、足の指の付け根を動かすようにし足の裏に向かって伸ばしたり、足の甲に向かって伸ばすようにしましょう。
浮指になっている方は特に足裏に向かって伸ばす事が重要です。

・マッサージする
足裏の筋緊張を取り除くためにゴルフボールを床に置き足の裏で圧をかけながら転がすようにしましょう。
特に親指側が硬くなりやすく、筋肉も分厚いので念入りに行うようにしましょう。

・きれいな歩き方を心掛ける
歩き方が悪くなっている方は、一歩踏み出した時に踵から足をつけていなかったり、反対足を出す際に同側の母趾球で押し込めていない事が多いです。
しっかりと踵から着き最後に母趾球で押し込めるように歩きましょう。
靴下や窮屈な靴を履くと失われやすい事なので練習する際は素足または5本指ソックスでつま先が広くゆとりがある靴で行うようにしましょう。

当院での外反母趾症状の施術方法とは?|千葉市花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

幕張本郷・幕張・稲毛海岸・稲毛・検見川浜からの外反母趾患者様も多く来院される千葉市花見川区にある新検見川南花園鍼灸整骨院では以下のようなステップで外反母趾を治療していきます。

1つ目は、足部・足趾の評価です。

痛んでいる部位や足の可動域、骨盤・下肢の歪みからくる荷重位置の偏りから外反母趾の原因を探ります。

2つ目は、施術です。

足の可動域を広げ、柔軟性を取り戻す施術を行います。

関節の可動域が狭いと、足の親指に負荷がかかりやすくなり、外反母趾の痛みが強く出るのです。

3つ目は、テーピングです。

テーピングで正しい位置に固定します。

足の機能が低下して外反母趾になるので、施術を行ってから時間の経過とともに元の状態に戻るのをテーピングによって防止します。

4つ目は、トレーニングです。

足の筋力トレーニングをすることによって、足の機能を強化します。
外反母趾でお悩みの方は、ぜひご自身で判断なさらずに、幕張や稲毛からも近い新検見川南花園鍼灸整骨院で早めに適切な施術を受けられることをお勧めいたします。

  • 根本改善治療

お問い合わせ

新検見川 南花園鍼灸整骨院

LINE

住所
〒262-0022
千葉県千葉市花見川区南花園2-8-10
レグルス新検見川101
アクセス
【JR 新検見川駅】徒歩4分
【京成線 検見川駅】徒歩5分

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

よくある質問

患者様の声

推薦のお声

  • スタッフブログ
  • 産後骨盤矯正
  • しんきゅうコンパス
  • 千葉市はり・きゅう・マッサージ施設利用券をご利用いただけます。
  • 3人制プロバスケットボールチームLEOVISTABB.EXE様とトレーナー契約!