診療時間

スタッフブログ

腰椎椎間板ヘルニアを治すには?

腰椎椎間板ヘルニアを治すには?

ヘルニアとは、体内のある部分が本来あるべき位置から飛び出してしまった状態を指します。
これが腰のクッションである椎間板に起こったものを、腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。

飛び出した椎間板が炎症を引き起こし痛みになったり、神経を圧迫することで坐骨神経痛のような下肢に神経痛やしびれを引き起こしてしまうのです。

一時的に症状を改善する場合には安静にしておけば軽減しますが、症状を出した原因を取り除かない限りは繰り返し坐骨神経痛のような症状が現れる可能性があります。
また、原因を放置することで椎間板に負担がかかり椎間板が正常に戻らなくなります。
そうなると手術をしないと改善しない可能性が高くなります。
ただ手術をしても症状が完全に改善しないケースもあるのでご注意下さい。

腰椎椎間板ヘルニアの原因は?花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

椎間板は上下の椎骨という背骨で挟まれており、腰を曲げる、反るなどの動きに合わせクッションの役目を果たします。
曲げる、反るといった動きを過度に行うと椎間板は本来あるべき位置のスペースが狭くなり飛び出してしまいます。

そのほかにも、腰部の関節は本来捻る角度が少ないので捻りすぎると椎間板に負担がかかり腰椎椎間板ヘルニアを発症することがあります。

加齢により椎間板が劣化し本来の位置から飛び出しやすくなり、負担の少ない動きでも発症してしまうこともあるので気をつけましょう。

腰椎椎間板ヘルニアでN Gなこと|花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

腰椎椎間板ヘルニアと診断されたり、可能性が疑われる場合は以下のことは危険ですのでできるだけしないようにしましょう。

・腰を強く曲げる、強く反る、捻る動き。

・長時間悪い姿勢を続ける。(猫背・反り腰)

・激しい運動。

・これぐらいなら大丈夫かなと安易な考え。

痛みを軽減するためにして欲しいこと|花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

・姿勢を正す

・コルセットをつける

・安静にする

・痛みを抑制するために治療を受ける

腰椎椎間板ヘルニアの原因をなくすためには?花見川区の新検見川南花園鍼灸整骨院

腰椎椎間板ヘルニアの手術をしないで改善していくには正しい姿勢を維持して、腰椎の負担を減らす必要があります!

猫背や反り腰を改善して正しい姿勢を維持できるようになると、神経の圧迫を軽減し坐骨神経痛などを抑制したり、飛び出てしまった椎間板が自然と吸収されヘルニアが改善されることもあります。

正しい姿勢の維持には、骨盤や体幹の筋肉の柔軟性改善、コルセットの働きをしているインナーマッスル(腹横筋)の強化、機能的動作の修得が必要になっていきます。インナーマッスルの強化やトレーニングなどは一般的な整形外科や整骨院では行っていません。

坐骨神経痛などの腰椎椎間板ヘルニアの症状が治療を受けても変わらないという方は花見川区にある新検見川南花園鍼灸整骨院へご相談ください!

当院では、検査や説明をしっかりとすることで納得して治療を受けていただけます。

治療はもちろんのこと、必要な筋力や正常な動作を覚えてもらえるように指導もしています。健康的で動ける身体づくりを皆さんも目指しましょう。

腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方や治療を受けたが治っている気がしない方は新検見川南花園鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください。
国家資格を取得しているスタッフが全力でサポートいたします。

腰椎椎間板ヘルニアの詳しい説明はこちら

坐骨神経痛はヘルニアだけが原因じゃない?!詳しくはこちら。

お問い合わせ

新検見川 南花園鍼灸整骨院

LINE

住所
〒262-0022
千葉県千葉市花見川区南花園2-8-10
レグルス新検見川101
アクセス
【JR 新検見川駅】徒歩4分
【京成線 検見川駅】徒歩5分

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

よくある質問

患者様の声

推薦のお声

  • スタッフブログ
  • 産後骨盤矯正
  • しんきゅうコンパス
  • 千葉市はり・きゅう・マッサージ施設利用券をご利用いただけます。
  • 3人制プロバスケットボールチームLEOVISTABB.EXE様とトレーナー契約!