診療時間

スタッフブログ

ぎっくり腰が季節の変わり目に多いのはなぜ?

ぎっくり腰が季節の変わり目に多いのはなぜ?

季節の変わり目になるとぎっくり腰や腰痛になり来院される方が増えてきます。
なぜ季節の変わり目に出やすいのかというと、気温の変化が身体に影響を与えているからなんです!
幕張・稲毛からも近い千葉市花見川区にある新検見川南花園鍼灸整骨院が詳しく解説していきます。

 

気温の変化で身体症状として現れることを寒暖差疲労と言います。
寒暖差疲労とは気温の変化が激しい春から初夏などに多く、職業柄により寒暖差疲労が出やすい場合があります。
主な影響としては自律神経の乱れや頭痛、血行不良などがあります。

自律神経が乱れると筋緊張が強くなり、こりや痛みを感じやすくさせます。
そこに血行不良も合わさる事で筋肉が緩まずに負担だけがたまるという最悪のサイクルを生み出し、ぎっくり腰や腰痛になってしまうのです。

 

ギックリ腰や腰痛にならないためにはどうするのか?

まずは寒暖差疲労をださない為には温度差をなくす事が必要です。エアコンなどで冷やしすぎないように設定温度を換えたり、上着などを使い体温調節をしましょう。

他にも睡眠時間を適度にとる、お風呂にゆっくり浸かる、負担のない運動などにより自律神経の乱れを整えることや血行を良くして調子を整えましょう。

 

睡眠
自律神経の副交感神経を優位にさせリラックス効果を出します。
身体や心の疲労から回復させる効果があります。
不眠症の方は交感神経が常に優位に働き休まっていないことが多いです。

 

お風呂
入浴すると全身の血行が良くなり蓄積された疲労物質を排出しやすくなります。
水圧や暖かいお湯により過度な筋緊張なども軽減されます。
シャワーだけだと効果が薄いのでゆっくり浸かるのがおすすめです。39度~41度の温度でゆっくり入れると良いでしょう!

 

運動
運動により筋肉が血流を運びやすくなり疲労物質の排出、疲れにくい身体にします。

喋りながら行えるジョギングや早歩きは負担が少ないのでおすすめです。
運動により身体が疲れすぎる場合は筋力低下の可能性もあるので注意が必要です。適度な運動を行うことで交感神経を使うことで自律神経が整っていきます。

 

その他に予防としてできること
ストレッチやセルフマッサージなども効果的です!

自分でのセルフケアを普段から行っているとぎっくり腰などの腰痛を防ぐことができます。
しかし、セルフケアだけでは柔軟性を改善しにくい部位もあります。腰に痛みや違和感が出た場合は早急に対処した方がお身体の回復も早くなります。

整体やリラクゼーションは、あくまでリラックスが目的となるので効果が弱い可能性がありますのでご注意ください。

 

花見川区にある新検見川南花園鍼灸整骨院ではぎっくり腰や腰痛の治療をはじめ、鍼灸治療による自律神経調節、手技やストレッチによる筋緊張の緩和、パーソナルトレーニングによる身体を整える運動を行う事が出来ますので予防としても効果を実感する事が出来ます。
不調が現れた時点でお身体は危険信号を出していますので、危険信号を無視してぎっくり腰や腰痛にならないようにご注意下さい。

ぎっくり腰についての詳しい説明はこちらをご覧ください!

ぎっくり腰や腰痛、お身体の不調がありましたらお気軽にご相談ください。全力でサポート致しますのでいつでもご連絡ください。
幕張・幕張本郷・稲毛・稲毛海岸・検見川浜などからも多くのぎっくり腰患者様が来院される千葉市花見川区にある新検見川南花園鍼灸整骨院にてお待ちしております!

お問い合わせ

新検見川 南花園鍼灸整骨院

LINE

住所
〒262-0022
千葉県千葉市花見川区南花園2-8-10
レグルス新検見川101
アクセス
【JR 新検見川駅】徒歩4分
【京成線 検見川駅】徒歩5分

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

よくある質問

患者様の声

推薦のお声

  • スタッフブログ
  • 産後骨盤矯正
  • しんきゅうコンパス
  • 千葉市はり・きゅう・マッサージ施設利用券をご利用いただけます。
  • 3人制プロバスケットボールチームLEOVISTABB.EXE様とトレーナー契約!